Quantitative Differential Phase Contrast (qDPC) with 4D STEM and Segmented Detector modules

qDPCはDPC(Differential Phase Contrast:微分位相コントラスト)信号を積分して、位相コントラスト像を再構成します。 qDPCはDCT(離散コサイン変換)を使用して、FFT(高速フーリエ変換)で発生する境界からのアーチファクトのない解を与えます。 qDPCには以下のようなオプションがあります:

4D STEM module(オプション)
4D STEMモジュールは2次元検出器を用いて各走査点での強度の重心を求め、定量的なDPC信号を作成します。このDPC信号をqDPCで処理すれば、定量的な位相分布を得ることができます。4D STEMモジュールにはGatan社のSTEMxとJEOL社の4DCanvas用に2つのモジュールがあります。

Segment Detector (SD) module(オプション)
SDモジュールはセグメント検出器からの信号をGatan社のDigiScan IIを使用して取得し、リアルタイムで位相分布を表示します。 したがって、SDモジュールを使用すればスキャンの進行に応じて、他のSTEM像(HAADF像など)とともに位相像を観察することができます。

カタログ

マニュアル

文献、技術資料(*基本文献)

処理例(サンプルデータ)

ダウンロード

これらのプログラムを使用するにはライセンス(ユーザキー)が必要です。
ご購入に関しましては「support@hremresearch.com」までお問い合わせ下さい。

必須プラグイン

ユーザーキードライバ

旧バージョン

HREM ニュース

このプラグインに関する情報をお知らせ致しますのでHREM Newsにご登録下さい。
注意:一度HREM Newsに登録された方は再度登録の必要はありません。