GPAは高分解能(S)TEM像から定量的な格子変形と2次元ひずみマップを生成します。GPAはMartin Hytch氏によって開発された幾何位相解析(Geometric Phase Analysis)に基づいています。GPAは高分解能(S)TEM像の原子列位置をもとに格子歪を求めるPPA(Peak-PairsAnalysis)と相補的なプラグインです。GPAの手法を用いて、高精度でより広い視野に適用できる2つ格子歪解析法もあります: 1つはSTEMモアレ像(sMoiréを参照)、他は暗視野ホログラムを使用します(HoloDarkを参照)

カタログ

マニュアル

文献、技術資料(*基本文献)

処理例(サンプルデータ)

ダウンロード

これらのプログラムを使用するにはライセンス(ユーザキー)が必要です。
ご購入に関しましては「support@hremresearch.com」までお問い合わせ下さい。

必須プラグイン

ユーザーキードライバ

旧バージョン

HREM ニュース

このプラグインに関する情報をお知らせ致しますのでHREM Newsにご登録下さい。
注意:一度HREM Newsに登録された方は再度登録の必要はありません。