QPt は数値解析による位相コントラスト電子顕微鏡法を提供します。QPtはTIE (Transport of Intensity Equation:強度輸送方程式)に基づき3枚の通常の明視野電子顕微鏡像から位相を求め、デフォーカス像に特有の擬像のない正焦点像を推定します。QPtは高速フーリエ変換(FFT)に基づくQuantitative Phase Imaging (QPI)技術を使用しています。

QPtは微小領域の磁場の観察などの中分解能から原子オーダーの高分解能観察まで幅広く適応が可能です。HREM moduleを用いれば原子分解能の複素波面より球面収差の影響を除去することができます。

カタログ

マニュアル

文献、技術資料 (* 基本文献)

処理例(サンプルデータ)

ダウンロード

これらのプログラムを使用するにはライセンス(ユーザキー)が必要です。
ご購入に関しましては「support@hremresearch.com」までお問い合わせ下さい。

必須プラグイン

ユーザーキードライバ

旧バージョン

HREM ニュース

このプラグインに関する情報をお知らせ致しますのでHREM Newsにご登録下さい。
注意:一度HREM Newsに登録された方は再度登録の必要はありません。