PPAはカディス大学(University of Cadiz)のPedro L. Galindo氏によって開発された手順に基づくDigitalMicrographプラグインです。PPAは高分解能(S)TEM像のピーク位置より局所ひずみマップを計算します。
PPAはフーリエ変換を用いた格子ひずみを測定するGPA(Geometrical Phase Analysis)と相補的なプラグインです。

Non-Local Average module (NLA moduleライセンスが必要です)
The Non-Local Average (NLA) moduleは時系列画像(同じサンプルを繰り返して計測した一連の画像)の平均画像を計算します。NLAでは時系列方向に小さな領域の類似パターンを探し、一致度による加重平均を行います。すなわち、NLAはnon-local registrationを実行し、解像度を劣化させずにscan noiseを除去して、SN比を向上します。このため、NLAはSTEMで取得された時系列画像の処理に極めて効果的です。
NLAの処理は極端に時間が掛かりますので、NLA moduleでは最適化されたCPU版だけではなく、GPU版での処理が可能です。しかし、NLAライセンスが無くても、Script版を用いてNLAの効果を確認することが可能です。

Distortion Analysis v4.0
Distortion Analysisを使用すれば、複雑な構造のピークペア情報とピーク位置からピーク間距離と角度を分析できます。 さらに、構造単位(四面体や八面体など)の回転角の計算、電気双極子解析のためのピーク変位の推定などか可能になります。マニュアルのDistortion Analysisをご覧ください。

カタログ

マニュアル

文献、技術資料(*基本文献)

処理例(サンプルデータ)

ダウンロード

これらのプログラムを使用するにはライセンス(ユーザキー)が必要です。
ご購入に関しましては「support@hremresearch.com」までお問い合わせ下さい。

必須プラグイン

ユーザーキードライバ

旧バージョン

HREM ニュース

このプラグインに関する情報をお知らせ致しますのでHREM Newsにご登録下さい。
注意:一度HREM Newsに登録された方は再度登録の必要はありません。