HREM-Filter Proはノイズの多い電顕像から周期的な特徴を抽出する高度なWienerおよびDifferenceフィルターです。HREM-Filtersは局所的に推定された2次元のバックグラウンドを使用できるため、ナノ結晶や円柱状結晶などの非理想的な結晶にも適用可能です。さらに、ランダムノイズモデルに基づく反復フィルターは非周期的な特徴を維持しながら、ショットノイズ(ランダムノイズ/ホワイトノイズ)を効果的に低減します。これは、低電子線量(Low-dose)の(S)TEM像に特に効果的です。


HREM-Filtersのもう1つの機能はアップサンプリングです。通常、データ収集は見栄えを良くするために必要以上に高倍率で行われます。アップサンプリングを使用すると、最適な倍率でデータ収集を行うことができ、取得した電顕像をアップサンプリングすることにより、スムーズな電顕像を表示できます。この手法を使用すると、1つの電顕像で一度により広い領域を観察できます。以下のリアルタイムモジュール(オプション)を使用すると、アップサンプリングの結果がその場で観察できるので、データ収集の手法が劇的に変化するでしょう。

HREM-Filters LiteはHREM-Filter Proの機能限定版で、下記のリンクより無料でダウンロードできます。

Realtime module(オプション)
このモジュールはライブでアップサンプリングノイズフィルターを実行し、非常に低電子線量の条件でも、複数フレームの加算を行わないで、試料の観察を可能にします。したがって、このモジュールは(S)TEMでの極低電子線量実験を加速すると期待されます。 たとえば、0.25el / pix / frameの極低電子線量でGatan K2 / K3カメラのカウントモードを使用して取得したTEM像からでも、フレームを加算せずに試料をライブで観察できます。

文献、技術資料(*基本文献)

処理例(サンプルデータ)

ダウンロード

これらのプログラムを使用するにはライセンス(ユーザキー)が必要です。
ご購入に関しましては「support@hremresearch.com」までお問い合わせ下さい。

必須プラグイン

ユーザーキードライバ

旧バージョン

HREM ニュース

このプラグインに関する情報をお知らせ致しますのでHREM Newsにご登録下さい。
注意:一度HREM Newsに登録された方は再度登録の必要はありません。