RealBasic University

このコラムはStone Table Softwareのオーナーであり、またREALbasic Developerの編集者でもあるMarc Zeedar氏により書かれたものを、著者の許可を得て翻訳したものです。この翻訳はHREM Researchにより提供されています。この日本語版へのご意見はRBU-Jまでご連絡下さい。

URL: http://www.applelinks.com/rbu/014/
INDEXに戻る

訳注:日本語には翻訳されていない REALbasic の入門書ですので、全文の翻訳は省略させて頂きます。興味ある方は原文を参照して下さい。しかし、どのような本であるかがお判り頂けるように一部を訳しておきます。

Review: REALbasic for Dummies

このコラムの読者は多分「お馬鹿さん(dummy)」ではないでしょうが、Erick Tejkowski 氏の新しい本 REALbasic for Dummies は REALbasic のプログラミングをマスターするのに役立つと思うかも知れません。

現在、REALbasic のみを取り扱った2冊の本があります。そして、Erick 氏の本を Matt Neuburg 氏の REALbasic: The Definitive Guide と較べないで論評することは不可能でしょう。この2冊の本はこれ以上違う事はできなかった程に異なっています。

Matt 氏の本は百科事典のようなものです:すべてのトピックを深く取り扱っていますが、初歩的な説明やサンプルコードは不足しています(CD も付いていません。しかし、サンプルコードは Matt 氏のウェブサイトからダウンロードすることができます)。特に新たな問題に突き当たったときには、理想的な参考書です。この本は専門的な REALbasic のユーザおよび経験の豊富なプログラマを対象にしています。(現在のバージョンは REALbasic v.2 に対応していますが、Matt 氏は v.3 をカバーするように改訂済みで、近日中に入手可能になるはずです。)(訳注:すでに改訂版が出版されています。)

Erick 氏の本は REALbasic を最初に使うユーザあるいはホビーで REALbasic を楽しみたい人に照準を合わせています。それは幾つかの高度なトピックを含んだ、広範囲な事柄をカバーしていますが、それらを深くは追及していません。それは入門書としては最適ですが、読者が実際のプログラムを書こうとしたときには、それでは不十分だと気が付くでしょう。

<中略>

概して、今までの REALbasic University は REALbasic for DummiesREALbasic: The Definitive Guide の中間に位置するといえると思います。もし、RBU があなたにとって難しいと思われる場合には、Dummies が(あちこちでつまずきながらも)役に立つでしょう。他方、Matt 氏の本が少し難解と思っている中級のユーザは RBU と The Definitive Guide は素晴らしい組み合せとなるでしょう。(もし、あなたがまだ Matt 氏の本を買っていない場合には、この夏に出版される最新版を待ったほうが良いかも知れません。)(訳注:現在は出版されています。)両方の本ともよくできています:それらはただ異なる読者を対象にしているだけです。両方の本を揃えたいと思う人もいることでしょう。

次週

REALbasic の最適な使い方の1つである自分専用のプログラム(社内ソフトウェア)について解説します。

Letters

今週の手紙はSteven卿から来ました:

文字入力欄から数値を得るにはどうすればいいのでしょうか?例えば、ユーザに数値(例えば、年令)を入力してもらって、その数値である計算をするとしましょう。私がやろうとするといつもタイプが合わないと言われてしまいます:

   dim Number as integer 
number = editfield1.text

私は次のように返事しました:

これは初心者がよく混乱する点です。データタイプの概念を身につけるのは容易ではありません。人間は数学を考える時には、数値を思い浮かべます。文字は、たとえそれが数値を表わしていても、文字なのです。コンピュータも同じようにはならないのでしょうか? 残念ながら、そうはいきません。多くのプログラム言語は非常に厳格で、数値は文字、また文字は数値ではありません。

しかし、多くのプログラム言語はデータタイプ間での変換を行うルーチンを持っています。上の場合にはそれを使う必要があります。数値を文字に変換するコマンドは str() で、文字を数値に変換するのは val() です。ですから、次は正しい使い方です:

      dim number as integer 
dim text as string

number = val(editField1.text)
text = str(number)

お判りになりましたでしょうか?また、先週の手紙のセクションも見て下さい。そこでは、str() コマンドによく似ていますが、もっと強力な Format() コマンドが説明されています。

RBUの通知への申し込み!

別のお知らせ:Applelinksは要望の大きかったREALbasic Universityへのメーリングリストを開設しました。今日申し込みをすれば、コラムが発表されるたびにお知らせの emailがあなたに届きます!これはRBUに遅れを取らないための便利なお知らせです。

RBU-Jの通知サービス!コラムが発表されるたびに日本語版REALbasic Universityのお知らせの emailがあなたに届きます。登録・削除は ここ から。

INDEXに戻る